不動産投資に挑戦してみよう

7月 26, 2020 未分類

皆さんこんにちは

コロナの影響で収入が激減したので新たな収入を増やそうとして

不動産投資に目をつけたもんちゃんです

ここでは初心者にも分かりやすい不動産投資について一緒に学んでいきましょう!

不動産投資とは?

不動産投資は他人資本で資産形成ができるのが特徴です

金融機関からお金を借りて、物件を購入します。

そしてその物件を誰かに貸して入居者からの家賃収入をローンの返済に充てます。

この投資方法は他人資本を活用して、投資を始める事が可能です。

購入時の負担を少なくでき、完済後は家賃収入をそのまま受け取ることができるのがいいですね

不動産投資のメリット

不動産投資は堅実な収益性が魅力の資産形成です

不動産投資は唯一ローンを組んで投資することができるため自己資金が少ない方でもできるため

会社勤めの方でも不動産という大きな資産をつくることが可能です。

とくに東京の単身世帯増加や中古ワンルームマンションの希少性の高まりで、より安定した賃料収入が見込めます。

年金対策にもなります!

私的年金の代わりとして、年金対策ができます

公的年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられ、更には年金の減額も懸念されております。

公的年金を頼りにできない今、ゆとりのある老後生活を実現する為に、マンション経営がますます注目されています。

もちろんローン返済後は家賃収入をそのまま個人年金の代用として扱えます。

ご家族を守る生命保険の役割にも物件購入にローンをご利用する場合は、一般的に団体信用生命保険にご加入できます。

また、ご本人様に万が一のことが起きた場合に、残債が保険会社から金融機関に支払われます。

その時には遺族には無借金のマンションが残されることになり、売却して現金を得たり、遺族年金のように毎月家賃収入を得ることも可能です。

このため不動産投資が生命保険の代わりになるとも言われます。

また、現在加入している生命保険を見直して、保険料負担が家賃収入で緩和できます。

金融商品との比較

預金

預金は金融商品に比べて変動は少なく、元金が資産として維持されます。

手数料がかかりますが、ATMやネットで24時間365日自由に引き出したり、入金や振り込み可能な点がメリットです。現在は歴史的な低金利時代であり、収入は期待できません。

インフレにより元金が目減りする可能性もあります。

株式投資

株式投資は変動率が高く、高い配当を得ることも可能です。また、状況によっては売買のしやすさが魅力です。ただし経済の影響を受けやすく、短期間で状況が一変して大きな損失を被る可能性もあります。

不動産投資

不動産投資は長期に渡って安定した賃料収入が望めます。経済の影響を受けにくい、ローンの利用で少ない資金で始められる点が魅力です。賃貸の需要が少ない地域などで不動産投資を行うと空室のリスクなどがあります。

FX(外国為替証拠金取引)

FX(外国為替証拠金取引)は元金の何倍もの投資が可能です。少額でも投資を始められる点も魅力です。ただし、短期的に高い利益を得ることも可能な反面、元金の何倍もの損失となることがあります。管理に手間がかかったり、知識が必要となります。

投稿者: rally202

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です